2007年09月20日

『平和省地球会議 セレブレーション・コンサート♪』

世界各国からぞくぞくと「平和省」の会議への参加者が到着しています。(日本政府がビザを出し渋っている国もいくつかあるそうすが...)

「平和省とは、 家庭内暴力から国際紛争にいたるまで、あらゆる争いごとを解決するための方法を提案・推進する政府機関です。」

その実現への幕が開きます。
千葉近郊の方は明日のコンサートへぜひ足をお運びください。
また、友人にこのメールを送って知らせてあげてください。
あなたの応援が必要です。
よろしくお願いします。

以下、転送・転載歓迎。

●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇 

 平和省地球会議 セレブレーション・コンサート♪ 

●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇


 「平和省」への動き。それはアメリカとイギリスで市民の切実な願いから生まれ、世界各地に広がっています。2005年、イギリスで第1回国際平和省会議が開かれ、翌年2006年の国際会議で「平和省グローバルアライアンス」が誕生しました。今では20カ国以上がメンバーとして参加しています。そして、2007年9月に第3回目の「平和省地球会議」が日本で開かれます。それを祝してコンサートを開催いたします。すばらしい音楽を楽しみ、平和省創設に力を尽くす世界の人びとに直接接するまたとないチャンスです。ふるってご参加ください。


■日時:2007年9月21日(金) 18:30開演(18:00開場)21:00終演予定
    ※この日は、国際平和デー(国連提唱)でもあります。

■場所:かずさアカデミアパーク メインホール
    http://www.kap.co.jp/
    *東京からのアクセスは東京駅八重洲南口から高速バス「アクシー号」(安房鴨川行き)で、「かずさアーク」下車、1600円、目の前です。予約制:0120-889-055

■プログラム:
 ・池辺幸恵 ピアノソロ
 ・関東ひびき太鼓
 ・平和省グローバル・アライアンスのセレモニー
 ・Yae 歌
 ・金子飛鳥 ヴァイオリン
 
 プロフィールほか詳細:http://ministryofpeace.jp
           (ここからチラシのダウンロードもできます)

■主催:「平和省プロジェクトJUMP」&「平和省グローバル・アライアンス」

■チケット代:前売り1500円、当日2000円 
       (学割500円引き、要学生証提示)
       *小学生以下は無料。
        (託児施設はありません)

  チケットは、木更津元気力発電所(tel:0438-25-5530)及び、チケット
  ぴあ(コンビニ)で発売中!Pコード:553-207

  ※9月20日までメールでもチケットのお申込ができます。件名を「コンサート・チケット」として、以下のアドレスにチケット枚数、ご住所、氏名、電話番号をお知らせ下さい。当日、受付にて代金と引き換え(前売り代金)でチケットをお渡しします。
 concert@ministryofpeace.jp


■ブース出展:
  当日1000円でNGO・平和関連のブースの出展もできます。700人が入る素晴らしいホールでの平和の祭典です。希望者は必ず「ブース出展希望」のタイトルで下記アドレスに出展内容と連絡先をお知らせください。 info@ministryofpeace.jp
 (2人目からは前売りチケットをお買い求めください)。

★「平和省」とは?
  家庭内暴力から国際紛争にいたるまで、あらゆる争いごとを解決するための方法を提案・推進する政府機関です。それは単なる夢物語ではありません。ネパールとソロモン諸島にはすでに存在し、コスタリカでも間もなくできる見込みです。

●〇●〇●〇●〇●〇●  ここまで  ●〇●〇●〇●〇●〇●
posted by フジワラトシカズ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界平和

2007年09月17日

「オリコン訴訟」

 ヒットチャートで有名な株式会社「オリコン」が、月刊誌サイゾー06年4月号の電話取材に応じた烏賀陽(うがや)弘道さんの20行ほどのコメントに対して、雑誌社と記者は訴えずに、彼のみを被告に5000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした、という話。

 オリコン側の訴状のいい加減さや、当初19名もいた大弁護団が3名にいつのまにか減っているとか、いろいろ滑稽です。

 でも、うがやさんご本人の心身、そして経済にあたえるダメージは大きいようです。「遺伝子組み換え」のモンサント社が行っている訴訟によるどう喝(脅し)やエセ右翼の街宣活動と似てるな〜と思いました。

がんばれ、うがやさん。

■「うがやジャーナル」
http://ugaya.com/

ご本人が分かりやすく語ってくれる
■「うがやテレビ」
http://www.youtube.com/user/ugayatv


問題となった記事↓
「ジャニーズは超VIP待遇!?事務所とオリコンの蜜月関係」
(『サイゾー』2006年4月号51頁)
http://ugaya.com/column/0604saizo.html

「オリコン独占去った後チャートはどう読む?」
(『AERA』2003年2月3日号78頁)
http://ugaya.com/private/music_jpopcolumn18.html
posted by フジワラトシカズ at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界平和

2007年09月11日

『米映画界で戦争テーマが復活、話題作が続々登場』

日本のウェブ界で異彩を放つ上質なニュースサイト『暗いニュースリンク』から。

『米映画界で戦争テーマが復活、話題作が続々登場』

「少々遅すぎた感触もあるが、ハリウッドはようやくマイケル・ムーアの偉業を再確認すべき時期に来ているのかもしれない。」


たしかに遅すぎた。しかし、光が戻ってきたことは喜ばしい。
posted by フジワラトシカズ at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界平和

2007年08月05日

「安い」の裏側

きっこのブログ「史上最強の生物兵器、襲来!」より

「‥‥そんなワケで、この映像を見れば、絶対に安いタマゴなんか口にできなくなると思うけど、それ以上に、こんなに劣悪な状況のニワトリたちの糞を集めて、それをエサにして育てた牛の肉も、とてもじゃないけど口にできなくなると思う。それは、狂牛病に感染するとかしないとか論じる以前の問題としてだ。」

「アメリカのイセ食品の養鶏場」
http://www.petatv.com/tvpopup/Prefs.asp?video=inside_egg

ついでにイセ食品のサイト
http://www.ise-egg.co.jp/


『Goveg.com』で「私たちのお肉」に会ってみてください。
http://www.goveg.com/
これは衝撃!...を通り越して、なんと言っていいのか...気持ち悪くなって悲しくなる。


SafariScreenSnapz003.jpg
サイト左側のメニューでで動物を選ぶと、動画のページが開きます。
posted by フジワラトシカズ at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月20日

原発事故の嘘報道を暴く!

きくちゆみさんのブログ<http://kikuchiyumi.blogspot.com/>から

よくぞ言った!TBSラジオ「ストリーム」
TBSラジオ「ストリーム」はマスコミのタブーを破った?
http://tbs954.cocolog-nifty.com/st/files/st20070718.mp3


なかなかすごいです。巨大な嘘をあばいてくれー。がんばれ、がんばれ、TBSラジオ!だってこの問題は、私たちのいのちと財産がかかっているのです。活断層 (地震列島)と原発は危険な組み合わせです。すぐにすべての止めて、せめて点 検してほしい。
posted by フジワラトシカズ at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界平和

2007年07月17日

FIRE THE GRID  <ファイアー・ザ・グリッド>

今晩7時40分頃から、なにやら地球にとって大切な出来事が起こるそうです。

こちらの解説が解りやすいかもしれません。
http://moritagen.blogspot.com/2007/07/blog-post_14.html

簡単に言うと「地球がスッポリとコーナーにはまって、その時の星の並びで地球の自転のパワーが落ちるようなので、なんとかしましょう」ということのようです。
どうするかというと「地球の回転が落ちずに、さらに増すように、みんなでイメージしましょう」ということです。

feri-FireTheGrid-00.jpg

ボクも、地球儀くるくる回しながらイメージしてみます。

Love & v(^o^)peace!& Hug !
posted by フジワラトシカズ at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学

2007年06月01日

『裁判員制度の知られざる罠』

「これだけ日本の警察、司法手続に批判が集まっている時に、警察の捜査に特
に信用できない事情がありますかという裁判長の問い対して「逮捕後も長期間、
警察の留置場に身柄を拘束されて長時間取調が行われる代用監獄は世界に例がな
いと聞いたことがあります」とか、「取調が可視化されておらず、強圧的な取調
が頻繁に行われている。そう言う映画を見たことがあります」とか、「否認して
いると保釈されない制度は人質司法だと思います」というような、警察に対する
正当な不信を表明する人は何人かは出ることでしょう。」


保坂展人のどこどこ日記より
「裁判員制度の知られざる罠」への反響の声

日本の裁判も、警察も、検察も... 大きな問題を抱えていたんですね。
それを国民に感じさせずに権威を権威を維持し続けていることが、とっても怖いですね。

私たちは、ずいぶんとおかしな社会に生きているようです...
posted by フジワラトシカズ at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界平和

2007年05月19日

辺野古ではいったい...

今日、何が辺野古で起こったのか。
最後のリンクをたどって是非読んでみてください。

この出来事がまだ「自分とは関係ない」と思っている方は、数年後に、自分の不明に気がつくことになるでしょう。
それもいいでしょう。

「もうこれ以上、闇の中にいるのは嫌だ」と思われた方。
是非、タイトルに「辺野古」ということばを入れた日記を書いてください。
知ること・伝えることからはじめましょう。

以下は辺野古の速報をしてくれているブログ『基地建設阻止』からの引用です。

***** ここから *****

「国はいったい誰から誰を守ろうとしているのでしょうか。」

「また国は平和を創り出す行動として阻止行動をしている人たちを「反対派」と呼び、まるでセクトのように扱い、徹底非暴力を貫く人たちを挑発し続けてきます。私たちは「反対派」という「派閥」に属しているわけではありません。派閥にがんじからめになっているのは国の方です。皆どこにも属さない一市民の集まりです。その市民に対して軍隊をぶつけて来るという、まるで「沖縄戦」のような事態がいま辺野古で起こっているのです。

しかし国は「反対派」というレッテルを貼り、「妨害行為・暴力行為」をしているというネガティブキャンペーンを必ず展開するはずです。作業を強行している業者の人も海上保安庁も、海上自衛隊も防衛「省」も国もきっと信じられないのだと思います。金儲けのためでもなく、暴力を振るわれても振るうことなく、他者や自然の平和を守るために行動する人たちの心を彼らは信じられないのだと思います。」

「平和を創るために体を張っている仲間たちは「暴力を振るう者が一番弱い」ということを知っているのです。暴力の弱さを国に伝えるために、愛する日本には暴力に頼る国になって欲しくないという命をかけた訴えをしているだけなのです。」
「人間は自分にやましいところがあると他者に対して暴力的になるものです。海上自衛隊導入は「国の逆切れ」と理解していただいていいと思います。」

***** ここまで *****

名言に感心してしまいますが、そんな場合ではありませんね。
どちらに「理」があるのか、国やメディアにまどわされずに、しっかりと「自分の感性」でキャッチしていきましょう。

以上の引用は
『基地建設阻止』おおかな通信の5/18の記事からでした
http://henoko.jp/fromhenoko/
posted by フジワラトシカズ at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界平和

2007年05月18日

民主党議員たちは「9条」をどう思っているのかアンケート

自民党にひっついて一緒に「平和」を唱えている公明党も不思議ですが、最近の民主党の動きは「あからさまに裏で取引がありますね」って感じなのにそれでいて妙に静かで、かなり不気味な存在に感じます。直球勝負の自民党の方が、まだ納得いきます。

さて、そんな民主党にそろそろ本体を表していただこうというアンケートの登場です!

続きを読む
posted by フジワラトシカズ at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界平和

2007年03月20日

モンサント社、遺伝子組み換えトウモロコシの毒性を隠蔽

モンサント社、遺伝子組み換えトウモロコシの毒性を隠蔽
   グリーンピース、世界市場からの早急な撤退を要求


米国モンサント社が開発した遺伝子組み換えトウモロコシを与えられたラットの
肝臓と腎臓に毒性が現れたことが、新たな研究により明らかになりました。すで
に人間や家畜が摂取している認可済みの遺伝子組み換え作物に、内臓に与える毒
性作用の可能性が確認されたのは初めて。

この研究は、モンサント社が欧州委員会に提出した自社の遺伝子組み換え殺虫性
トウモロコシMON863の安全性調査報告書を、第三機関の専門家らがあらためて審
査したもの。

今月13日、ベルリンでグリーンピースと共同記者会見を行なったセラリーニ教授
は、「モンサント社の分析結果は、厳格な精査ではなく非常に疑わしいものだ。
動物の体重変化に十分な分析が行なわれていない。またモンサント社は重大な尿
検査の結果を隠蔽していた」と語りました。

グリーンピースは、モンサント社のMON863トウモロコシを、直ちにすべて世界市
場から撤収することを要求し、各国政府に対し、すでに認可済みの遺伝子組み換
え作物について早急に再評価に取り掛かり、現行の検査方法を厳しく見直すべき
である、と呼びかけるとともに、日本市場での流通を禁止すべきだと訴えていま
す。
posted by フジワラトシカズ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境