2008年01月26日

最近の地震と原子力発電所...

earthquake-nuclear.jpg地震の発生地を地図上で観ていて、ふと気がつきました。
なぜだか原子力発電所の近辺でずいぶんと起きている...

こちらに気象庁の図をもとにアニメをアップしました。
http://www.tolio.jp/

Google Earthで原発の位置を確認したい方は、上記のアニメの下にある「Google Earthで観る日本の原子力発電所の一覧Google Earth用のデータをダウンロードする。」のリンクからダウンロードしてください。
posted by フジワラトシカズ at 18:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 環境

2007年11月04日

『フードマイレージ・キャンペーン』

「フードマイレージ」は、食べものが運ばれてきた距離のこと。


その事を紹介する素敵なサイトです。
http://www.food-mileage.com/

買い物を「地産」(自分の地域で作られたもの)または「国産」に変えていくことが、今とても大切です。
遠くから輸入する品物は、自分達の自給率を下げる事につながり、震災などの非常時にはあっという間に飢えてしまいます。
日本の自給率は、実質20%以下だろうと言われています。
主食のお米さえも、政府によってどんどん減らされてきました。
こりゃ大変です!

買い物の時、石油を大量に使って運ばれてくる「遠くの品物」ではなく、できるだけ「近くの品物」を選ぶようにしていきましょう。
すろと、輸送や包装で発生するCO2削減もできて、畑や田んぼが増えることでCO2も吸収されて、自給率も上がって、空気も良くなって、地域の経済も元気が出てきて、いいことずくめです!

衣料品の「地産地消」も考えてみましょう。
公害などの大規模な環境問題を産む「中国産」のものを選ばずに、せめて「国産」のものを選択しましょう。

料金は、高いかもしれません。
でも、それが「適正価格」です。(将来的には下がっていくでしょう)
今の「安さ」は、その影に大きな問題を抱えていて、そのツケは今「自然災害」という形で何百倍にもなってかえってきていることを忘れない応にしましょう。

posted by フジワラトシカズ at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境

2007年03月20日

モンサント社、遺伝子組み換えトウモロコシの毒性を隠蔽

モンサント社、遺伝子組み換えトウモロコシの毒性を隠蔽
   グリーンピース、世界市場からの早急な撤退を要求


米国モンサント社が開発した遺伝子組み換えトウモロコシを与えられたラットの
肝臓と腎臓に毒性が現れたことが、新たな研究により明らかになりました。すで
に人間や家畜が摂取している認可済みの遺伝子組み換え作物に、内臓に与える毒
性作用の可能性が確認されたのは初めて。

この研究は、モンサント社が欧州委員会に提出した自社の遺伝子組み換え殺虫性
トウモロコシMON863の安全性調査報告書を、第三機関の専門家らがあらためて審
査したもの。

今月13日、ベルリンでグリーンピースと共同記者会見を行なったセラリーニ教授
は、「モンサント社の分析結果は、厳格な精査ではなく非常に疑わしいものだ。
動物の体重変化に十分な分析が行なわれていない。またモンサント社は重大な尿
検査の結果を隠蔽していた」と語りました。

グリーンピースは、モンサント社のMON863トウモロコシを、直ちにすべて世界市
場から撤収することを要求し、各国政府に対し、すでに認可済みの遺伝子組み換
え作物について早急に再評価に取り掛かり、現行の検査方法を厳しく見直すべき
である、と呼びかけるとともに、日本市場での流通を禁止すべきだと訴えていま
す。
posted by フジワラトシカズ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境

2006年07月11日

『食べたらどうなる?』

R0013516_2_2.jpg

イリーナ・ィエルマコヴァ博士講演会。 (遺伝子組み換え食品はいらない!キャンペーン主催)
ラットに遺伝子組み換え大豆を食べさせた実験の報告。

妊娠前の雌ラットにGM大豆(モンサント製)を与え続け、その後、交配し出産しました。

・まず、GM大豆を与えられた雌ラットは「不安/攻撃性」がみられました。
・第1世代の仔ラットにも「不安/攻撃性」がみられました。
・第1世代の仔ラットの3ヶ月後の生存率は48.4%(半分が死亡)。誕生後1週目で3割の仔ラットが死亡しています。
・第1世代の仔ラットの生育不全が見た目に明らか。小さいのです。脳以外の臓器すべてが小さいことが分かりました。
・第1世代の仔ラットの雄の精巣は、黒ずんで細胞組織も異常でした。
・第2世代の仔ラットのデータは、第1世代の仔ラットが不妊のためとれませんでした。

今後、予測できることは
・癌
・不妊
・アレルギー
・新生児における多くの病気と高い死亡率。

 おかしかったのは(笑える話ではないが)、人工甘味料アスパルテームに関する論文の分析の話(天笠さん談)。
関連企業から研究費をもらっている研究所の論文は74件中74件(全部)が「安全」だと評価していました。関連のない研究所の論文は90件中83件が「有害」だと報告しました。「安全」:「有害」=81:83となります。
こうやって、世間をかく乱するのですね。これは「水俣」の時も同じだったんです。
posted by フジワラトシカズ at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境

2006年04月13日

原発 放射能の驚異

『もう事故!!六ヶ所村プルトニウム溶液漏洩』


はじめから「安全」とは思ってもいなかったけれど、こんなにも早く事故が起きるとは...
これでストップしてくれるといいのだけれど。

日本原燃「溶解槽セル内における洗浄水の漏えいについて」
posted by フジワラトシカズ at 08:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 環境

2006年04月05日

放 射 能

青森県の六ヶ所村再処理工場のアクティブ試験が3月31日始まりました。使用済みの核燃料を再処理してプルトニウムを再使用するためのものです。
一見、“エコかな?”と錯覚するかもしれませんが、膨大な危険と無駄が隠されています。

ところで六ヶ所村って、どこでしょう? 北海道のすぐ側です!
地図

きくちゆみさんのメールマガジンを転載します。

■■*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*■■

グローバルピースキャンペーン
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● きくちゆみの地球平和ニュース ●
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
Global Peace News by Yumi Kikuchi ≪ 第17号 ≫

発行:Global Peace Campaign

■■*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*■■

┌─┐┌─┐┌─┐┌─┐┌─┐┌─┐┌─┐┌─┐
│転││送││転││載││大││歓││迎││!│
└─┘└─┘└─┘└─┘└─┘└─┘└─┘└─┘


■□―――――――――――――――――――――――――コラム―□■

■ 私が日本原燃の社長に書いた手紙
きくちゆみ

□――――――――――――――――――――――――――――――*□


こんな手紙を日本原燃の社長に送りました。

================

日本原燃株式会社
青森県上北郡六ヶ所村大字尾駮字沖付4番地108
TEL 017-571-2002(広報) FAX 0175-571-2136
goiken@jnfl.co.jp
代表取締役社長  兒島伊佐美

前略、

ついに六ヶ所村再処理工場のアクティブ試験が3月31日始まり、4月1日に燃料棒が裁断されました。私はこの日を永久に忘れません。そして、兒島社長が日本の子どもたちのために再処理工場を止めてくださる日まで、働きかけを続けます。再処理工場に使われるお金を省エネや分散型自然エネルギーに投資すれば、どれほど日本の自然やこどもたちのいのちが守られるだろうか、と思うからです。
続きを読む
posted by フジワラトシカズ at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境

2005年04月16日

トヨタさん、ホンキで頑張れ!

『トヨタさん、これ「ECO」違反です。
     カリフォルニアで排ガス規制に急ブレーキ』


今、米国のカリフォルニア州で、「自動車からの温室効果ガス排出規制」が、危機にさらされています。
日本のトヨタを含む米国の自動車業界団体などが、この取り決めを制定した「カリフォルニア州大気資源局」を相手に、実施をしないよう裁判を起こしているのです。

── グリーンピースのサイトより (投票があります。参加しましょう!)
posted by フジワラトシカズ at 10:23| Comment(0) | TrackBack(18) | 環境

2005年02月15日

札幌市の二酸化炭素排出量(平成12年度)

107,00,000トン
市民一人当たり:5.78トン
一人一日16Kg(!)

これって、世界の他の地域と較べるとどうなんだろう....
posted by フジワラトシカズ at 09:57| Comment(0) | TrackBack(17) | 環境

2004年12月31日

カナダの農民v.s.モンサント 裁判の結果は...

2004年の最後の日に、少しでも散らかった家の片付けを…と動きはじめたら、ある雑誌を再発見した。それにはカナダの農民パーシー・シュマイザーさんの「我、モンサントとかく闘えり」という記事が載っていた。彼が札幌で講演を行ったのは昨年の秋。札幌で遺伝子組み換えイネの実験が強行され大騒ぎの渦中でした。彼がその時起こしていた裁判の結果はいったいどうなったんだろう?
さっそく、片付けを中断して、検索してみました。
結果は....

モンサントがパーシー・シュマイザーの種子保存裁判であっけない勝利続きを読む
posted by フジワラトシカズ at 12:51| Comment(0) | TrackBack(19) | 環境

2004年12月21日

ついに始まる“家庭発電”!

お家でガス自家発電の時代が始まりますね。
発電だけではなく給湯・暖房にも同時に使える「コージェネレーションシステム」だそうです。「総合エネルギー効率が76%と高く、CO2の排出量も従来に比べ30%〜40%削減」(新日本石油)なんだって。
年間6万円でレンタルというのもいいですね。でも北海道は再来年からです。
こんなシステムが使えるのなら、マイホームを持つのも面白いかも...

家庭用燃料電池、新日石も投入へ 年間6万円でレンタル - asahi.com : 経済

家庭用燃料電池、新日石も投入へ 年間6万円でレンタル

 新日本石油は20日、家庭用燃料電池システムを来年3月から貸し出すと発表した。LPガスから取り出した水素を燃料とする。家庭用燃料電池の商品化は、来年2月に東京ガスが都市ガスを使った製品を投入するのに続き、2例目。自動車に続いて家庭向けでも、燃料電池の普及を目指す動きが広がりつつある。

 新日石の装置は三洋電機製の燃料電池を使い、最大750ワットで発電。標準家庭で使う電力の6割程度をまかなう。排熱も利用してお湯をわかし、給湯や暖房に使う。

 レンタル期間は3年間で、料金は年間6万円。 (12/21 08:06

新日本石油の発表
posted by フジワラトシカズ at 09:08| Comment(0) | TrackBack(7) | 環境

2004年11月28日

洗濯に洗剤も石けんも使っていません

Welcome to GaiaWorks Inc.

上記のサイトで紹介している「ランドリー・クリーンリング」を2年ほど使っています。その間、まったく合成洗剤も石けんも使っていません。酢を時々使います。
全然問題ありません。漂白剤を使わないので白くはなりませんが、汚れは洗剤を使っていた頃と同じように落ちています。

すっごく楽ちんでいいですよ。(^o^)
posted by フジワラトシカズ at 14:44| Comment(0) | TrackBack(6) | 環境

2004年10月24日

パタゴニアが遺伝子組み換え食品について語っていた

「なぜパタゴニアが遺伝子組み換え食品の反対運動に加わるようになったのかという質問を受けることがある。自然保護の運動ならわかるけれど、衣料を製造するパタゴニアがBtコーンやラウンドアップ耐性大豆について、いったい何を理解しているのかと。
正直言って、十分にはわかっていない。そして実は誰にもわかっていないということが、遺伝子操作の重大な問題なのである。」

パタゴニア:遺伝子組み換え食品について衣料品製造会社が知っていること続きを読む
posted by フジワラトシカズ at 15:37| Comment(0) | TrackBack(5) | 環境

2004年09月22日

台風と木と人2

道庁前庭の風倒木(って言うんですね)を輪切りにして無料で配ってくれるそうです!

9月26日(日) 10:00〜14:00に道庁前庭です。
ポプラ・ニレ、サクラ、オンコ、シナ、イチョウ、シラカンバ、オニグルミなどがあるそうです。

すてきなプランですね!(^o^)
丸太(輪切り)を提供します続きを読む
posted by フジワラトシカズ at 01:09| Comment(0) | TrackBack(17) | 環境

2004年09月20日

レスター・ブラウンの言葉

「私たちはともすると、自分一人では大したことはできやしないや、と思ったりしますね。でもマーガレット・ミードは『どんな大きな社会運動も、始まりは一人だった』と言っています。
 環境運動の歴史を振り返っても、本当にそうだな、と思います。そのひとつの例が、『沈黙の春』を書いたレーチェル・カーソンです。彼女の思想や取り組みは、今に至るまで、環境運動に大きな影響を与えているのはご存知の通りです。」

「私たちのコミュニケーションの目的は、生態系を破壊せずに経済発展を続けられるように、世界経済の再構築をはかるために必要な理解を広めることです。なぜそうしなくてはならないか、新しい経済の姿はどのようなものか、現在の経済からその新しい経済にどのように移行すべきか、この3点を伝えることです。」

── 全文はこちら
posted by フジワラトシカズ at 09:20| Comment(0) | TrackBack(7) | 環境

2004年09月18日

辺野古 海上での阻止行動

辺野古では「海上調査阻止行動」が行われています。

調査を阻むための船のチャーター代の募金をしています。

計画されている巨大(東京ドームの約四十四個分!)海上基地の情報はこちらをご覧下さい。

詳細はこちら
posted by フジワラトシカズ at 12:21| Comment(0) | TrackBack(7) | 環境

2004年09月16日

温暖化で集中豪雨増える

 地球温暖化が進行した今世紀末の日本列島では、七月の降水量が局地的に増加し、集中豪雨や洪水が起きる危険が高まるとする研究結果を、気象研究所(茨城県つくば市)の野田彰気候研究部長らが十五日までにまとめた。九州南部は月間降水量が、現在の三〇〇ミリ程度から五〇〇ミリ以上に増える可能性がある。

 スーパーコンピューター「地球シミュレーター」を使い、世界でも例がない精密さで行った模擬計算の結果で、温暖化に伴う異常気象の脅威を具体的に示した。

──東京新聞「温暖化で集中豪雨増える 今世紀末日本危険性を予測」続きを読む
posted by フジワラトシカズ at 11:17| Comment(0) | TrackBack(19) | 環境

2004年09月08日

「辺野古」緊急署名

「辺野古(へのこ)」の新しい情報です。

以下、転載歓迎

 「辺野古への海上基地建設・ボーリング調査を許さない実行委員会」では、緊急に共
同申し入れを行なうことにいたしました。11日(土)に締切、13日(月)に提出の予定
です。どうか、多くの方のご賛同をお願いいたします。
 賛同の送り先は、このメールへのレスではなく、下記アドレスにお願いいたします。



***************************************

*辺野古沖ボーリング調査の即時中止を求める「緊急共同申し入れ」への署名のお願い

***************************************

署名は、団体でも個人でも結構です。
署名していただいた団体・個人名を一覧にして、以下の宛先に提出します。
時間がありませんので、転送して多くの人にお知らせください。

<送り先> メール hankach@jca.apc.org
      FAX 03―3234―4118
<締め切り> 9月11日(土)
<提出予定日> 9月13日(月)
※提出時間、方法については、後日同ページでお知らせします。続きを読む
posted by フジワラトシカズ at 12:17| Comment(0) | TrackBack(17) | 環境

2004年09月07日

「辺野古」強行日ほぼ決定か

辺野古の最新の情報が入ってきました。国は強行するようです。
取り返しのつかない愚かな行いをまたひとつ増やすのでしょうか。
日本全国で注目しましょう。マスコミに「辺野古はどうなっていますか?」と何度も問い合わせましょう。
どんどん転送してください。

(参照ログ)

(転送歓迎)
 平良夏芽です。信頼できる情報筋から連絡がありました。
 防衛施設局は、明後日(木曜日)に辺野古の陸上作業ヤード設置作業に入るそうで
す。ただし、キャンプ・シュワブから船を出すというオプションを同時に準備してお
り、法的な準備は終えたようです。
 この情報は、明日(水曜日)が安全であるという情報ではありません。明後日が最
大の闘いになるという情報です。
 本日(火曜日)には、150名ほどの仲間が集まっていましたが足りません。那覇防
衛施設局は10台の車を用意しています。それだけでも50名、さらに機動隊200
名近くが来ると思われます。したがって、500名以上は集まらないと止めることは
できません。本気で時間を作って集まって下さい。
 繰り返します、明後日が最大の山場です。集まって下さい。
posted by フジワラトシカズ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(4) | 環境

2004年09月03日

沖縄のジュゴンの海がピンチ!

沖縄の「辺野古(へのこ)」でおじい・おばあが4ヶ月以上も頑張って座り込みをしています。
ジュゴンが住む最北の海に米軍のヘリポートを作る計画を止めるためにです。

しかし、9月6日に強行的にどかされてしまうかもしれません。
ここ札幌からも応援するためにピースウオークを行います。
参加できる方は一緒に歩きましょう!(^o^)

参考
WWFのジュゴン保護について

沖縄ジュゴンの家

沖縄ジュゴン環境アセスメント監視団

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★基地はいらない!
   沖縄にも!北海道にも!
        どこにも!!  ★
 ☆★ 9.4緊急ピースウォーク ★☆
 ◆日 時: 9月4日(土) 12:30  集合
              13:00  出発
◆場 所: 大通西4丁目
◆コース: 大通西4 → (北進) 道庁北門 
       (歩行者天国のためとっても短いのです)
◆呼びかけ(主催):ほっかいどうピースネット
◆連絡先:ほっかいどうピースネット事務局
       TEL:011−615−5906
       Mail : has27630@snow.odn.ne.jp

↓チラシ、プラカードのデータを用意しました。続きを読む
posted by フジワラトシカズ at 17:55| Comment(0) | TrackBack(22) | 環境

2004年08月29日

ペットボトルビールはまずいでしょ!


今月の辛口キャンペーン ペットボトルビールはまずいでしょ!


石油が無くなるまであと40年くらいと言われているのに、プラスチック製品は作られ続けています。
1度の使用で捨てられる包装容器はとってももったいない。リサイクルされ衣類などに再利用されているペットボトルですが、その再生工場を稼働するために新しいペットボトルを作り続けなければなりません。つまりペットボトルのゴミは減りません。
そして、ペットボトル飲料を作る企業はお金が入るのですが、回収・保管を行う自治体はお金がかかって大変です。(もとをたどれば皆の税金です)

やっぱり「リターナルビン」(回収するビン)がいいですよね!
ペットボトルよりも缶、缶よりもビン。洗って何度も使えるビンは無駄が少ないよね。
それにビンに入ったビールは缶よりも美味しいんですよ!
これからは「ビン/瓶」に注目していきましょう!
posted by フジワラトシカズ at 12:03| Comment(0) | TrackBack(19) | 環境