2008年04月18日

「あたりまえ」があたりまえになった日

4月17日午後、名古屋高裁「自衛隊イラク派兵差止請求控訴事件」で、原告側を実質勝訴とする判決が出た。

「どこが戦闘地域か聞かれてもわからない」とか「自衛隊の派遣されるところが非戦闘地域だ」などの小泉元首相の馬鹿げた発言の数々。それがまかり通った異常さ。
「あたりまえ」が踏みにじられる場面を散々味わってきた。子どもに説明できない矛盾の中で溺れてしまいそうだった。

しかし、とうとう、やっと、裁判所(司法)がやってくれた。

「自衛隊が現在行っている米兵等の輸送活動は、他国による武力行使と一体化したものであり、イラク特措法2条2項、同3項、かつ憲法9条1項に違反する」と判決文にあり、これは自衛隊のイラクでの活動が違憲であると司法判断を下したものである。加えて「平和的生存権は全ての基本的人権の基礎にあってその享有を可能ならしめる基本的権利である」とあり、平和的生存権の具体的権利性を正面から認めた。


この判決を出した青山邦夫名古屋高裁裁判長は3月31日に依願退職された。定年間際(あと2ヶ月)に職を辞して、政府に「あなた方は間違っています!」と突きつけた。(ほんと、ありがとう、青山さん。)

さぁ、イラクの自衛隊よ、無事に戻ってきておくれよ。
死なずに、殺さずに。
posted by フジワラトシカズ at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界平和
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14161779
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック