2008年05月12日

岩国「集団移転」

「岩国基地隣接自治会の集団移転提案に思う」から
http://www.news.janjan.jp/area/0805/0805116787/1.php

「 大型連休が明けたとき、岩国で日本初の「異変」が起きました。基地周辺の、136世帯を擁する基地周辺の自治会が、市長のもとを訪れ「集団移転」を求めたのです。

 自治会長らは、「騒音」や「米兵による犯罪」を憂慮し、全世帯そろって住み慣れた土地を離れる決意をし、市長に突きつけたのです。その思いに至る経緯は、決して簡単なものではなかったはずです。」
「軽すぎた処罰
 翌8日、基地内では軍法会議が開かれました。昨年10月に、当時19歳だった女性を集団暴行した米兵4名を裁く軍法会議でした。

 彼らは「有罪」とされ、翌9日には主犯格とされる兵長に、懲役2年と不名誉除隊が言い渡されました。兵長は「司法取引」(当局に協力することで減刑してもらうこと)のため、実際には1年程度の懲役で済むこととなりました。

 私はこの刑は「軽すぎ」だと思いますが、もっと前に下された日本の検察当局の判断は「不起訴」でした。すなわち罪にさえ問われなかったのです。」
posted by フジワラトシカズ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界平和

2008年05月11日

人権後進国ニッポン

非常に興味のある、ただしメディアでは大きく扱われないかモン切り型で終わってしまいそうなニュースがあります。
「人権」と「民主主義」の真の意味を教えられていないが故に、今の日本の政治や国民の意識がこのようなありさまなのではないでしょうか。

この国連人権審査会による「外圧」で、日本政府の人権への対応が前進することを願います。(なさけないな〜)

【速報】国連人権理事会で日本の人権状況が明日審査!〜海渡雄一弁護士の現地レポート
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/d/20080508

人権理事会日本審査を傍聴して〜海渡雄一弁護士からの現地レポートその2
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/d/20080510

NHKニュース「欧州各国 死刑制度見直しを」
http://www.nhk.or.jp/news/k10014493791000.html
posted by フジワラトシカズ at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治