2007年09月25日

マイク・グラベル猛語録

これそ政治家!という男がアメリカの大統領候補にいます。
「バラク・オバマ」ですかって?
違う違う全然違う!
ほんとうの政治家はメディアからまったく黙殺されています。とくに日本のメディアと呼ばれてる物からはまったく欠落しています。

どう「ほんとうか」は、下記の痛快な発言集をご一読ください。

「異色のド根性大統領候補:マイク・グラベル」


マイク・グラベル猛語録(1)


マイク・グラベル猛語録(2)
posted by フジワラトシカズ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界平和

2007年09月20日

『平和省地球会議 セレブレーション・コンサート♪』

世界各国からぞくぞくと「平和省」の会議への参加者が到着しています。(日本政府がビザを出し渋っている国もいくつかあるそうすが...)

「平和省とは、 家庭内暴力から国際紛争にいたるまで、あらゆる争いごとを解決するための方法を提案・推進する政府機関です。」

その実現への幕が開きます。
千葉近郊の方は明日のコンサートへぜひ足をお運びください。
また、友人にこのメールを送って知らせてあげてください。
あなたの応援が必要です。
よろしくお願いします。

以下、転送・転載歓迎。

●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇 

 平和省地球会議 セレブレーション・コンサート♪ 

●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇


 「平和省」への動き。それはアメリカとイギリスで市民の切実な願いから生まれ、世界各地に広がっています。2005年、イギリスで第1回国際平和省会議が開かれ、翌年2006年の国際会議で「平和省グローバルアライアンス」が誕生しました。今では20カ国以上がメンバーとして参加しています。そして、2007年9月に第3回目の「平和省地球会議」が日本で開かれます。それを祝してコンサートを開催いたします。すばらしい音楽を楽しみ、平和省創設に力を尽くす世界の人びとに直接接するまたとないチャンスです。ふるってご参加ください。


■日時:2007年9月21日(金) 18:30開演(18:00開場)21:00終演予定
    ※この日は、国際平和デー(国連提唱)でもあります。

■場所:かずさアカデミアパーク メインホール
    http://www.kap.co.jp/
    *東京からのアクセスは東京駅八重洲南口から高速バス「アクシー号」(安房鴨川行き)で、「かずさアーク」下車、1600円、目の前です。予約制:0120-889-055

■プログラム:
 ・池辺幸恵 ピアノソロ
 ・関東ひびき太鼓
 ・平和省グローバル・アライアンスのセレモニー
 ・Yae 歌
 ・金子飛鳥 ヴァイオリン
 
 プロフィールほか詳細:http://ministryofpeace.jp
           (ここからチラシのダウンロードもできます)

■主催:「平和省プロジェクトJUMP」&「平和省グローバル・アライアンス」

■チケット代:前売り1500円、当日2000円 
       (学割500円引き、要学生証提示)
       *小学生以下は無料。
        (託児施設はありません)

  チケットは、木更津元気力発電所(tel:0438-25-5530)及び、チケット
  ぴあ(コンビニ)で発売中!Pコード:553-207

  ※9月20日までメールでもチケットのお申込ができます。件名を「コンサート・チケット」として、以下のアドレスにチケット枚数、ご住所、氏名、電話番号をお知らせ下さい。当日、受付にて代金と引き換え(前売り代金)でチケットをお渡しします。
 concert@ministryofpeace.jp


■ブース出展:
  当日1000円でNGO・平和関連のブースの出展もできます。700人が入る素晴らしいホールでの平和の祭典です。希望者は必ず「ブース出展希望」のタイトルで下記アドレスに出展内容と連絡先をお知らせください。 info@ministryofpeace.jp
 (2人目からは前売りチケットをお買い求めください)。

★「平和省」とは?
  家庭内暴力から国際紛争にいたるまで、あらゆる争いごとを解決するための方法を提案・推進する政府機関です。それは単なる夢物語ではありません。ネパールとソロモン諸島にはすでに存在し、コスタリカでも間もなくできる見込みです。

●〇●〇●〇●〇●〇●  ここまで  ●〇●〇●〇●〇●〇●
posted by フジワラトシカズ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界平和

2007年09月17日

「オリコン訴訟」

 ヒットチャートで有名な株式会社「オリコン」が、月刊誌サイゾー06年4月号の電話取材に応じた烏賀陽(うがや)弘道さんの20行ほどのコメントに対して、雑誌社と記者は訴えずに、彼のみを被告に5000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした、という話。

 オリコン側の訴状のいい加減さや、当初19名もいた大弁護団が3名にいつのまにか減っているとか、いろいろ滑稽です。

 でも、うがやさんご本人の心身、そして経済にあたえるダメージは大きいようです。「遺伝子組み換え」のモンサント社が行っている訴訟によるどう喝(脅し)やエセ右翼の街宣活動と似てるな〜と思いました。

がんばれ、うがやさん。

■「うがやジャーナル」
http://ugaya.com/

ご本人が分かりやすく語ってくれる
■「うがやテレビ」
http://www.youtube.com/user/ugayatv


問題となった記事↓
「ジャニーズは超VIP待遇!?事務所とオリコンの蜜月関係」
(『サイゾー』2006年4月号51頁)
http://ugaya.com/column/0604saizo.html

「オリコン独占去った後チャートはどう読む?」
(『AERA』2003年2月3日号78頁)
http://ugaya.com/private/music_jpopcolumn18.html
posted by フジワラトシカズ at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界平和

2007年09月11日

『米映画界で戦争テーマが復活、話題作が続々登場』

日本のウェブ界で異彩を放つ上質なニュースサイト『暗いニュースリンク』から。

『米映画界で戦争テーマが復活、話題作が続々登場』

「少々遅すぎた感触もあるが、ハリウッドはようやくマイケル・ムーアの偉業を再確認すべき時期に来ているのかもしれない。」


たしかに遅すぎた。しかし、光が戻ってきたことは喜ばしい。
posted by フジワラトシカズ at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界平和